.

一般的に、クレカの限度額がご自身がよく支払う金額よりゆるくしていると顧客は心配ないと誤解して、むやみにカードを使ってしまったりするものですね。クレカの使いすぎをコントロールする意味でもクレジットカードの限界額を自主的に低レベルに申請しておこう・・・というのがこの本文のメインとなる考え方です。限度額を引き下げる方法●カードの利用限度額をコントロールするとは、カードの限度額の引き上げやり方と大差なくとても単純です。手元のカードのバックにあるフリーダイヤルに電話をかけて「月の限度額を減らしたいです」等と担当者に言うだけです。一般的には現在のカードの限度額に比べ少なければ時間を要する手続きもなく設定が終わってしまいます。利用限度額を引き下げるのは防犯へと結びついている◇クレカの月の限度額を減らしておくことは自分をコントロールできるというような効果は言うまでもなく被害に遭わないようにすることとも関連が深いものです。もし、カードが紛失等により知らない間に使用されるような状況でも、前もってカードの月ごとの限度額を低くしておけば危険を最小限にすることもできるからです。安心して欲しいのは、たとえクレジットカードが乱用された場合でもクレカの契約者に意図的と言えるような問題にあたることがない限り、盗難保険というカード保険が使用者をサポートしてくれるし不安になることはないですがもしもの時のことを想定して、上限は減らしておくのも良い方法だと思います。不必要な上限額はデメリットなんです。

Copyright (c) 2000 www.churnbar.com All Rights Reserved.