.

換金する目的で電車等のチケットの類をいっぱい決済してしまう・・・カードのキャッシュ化サービスというもの使わないで現金化を目的にクレジットカード購入をするというのも同様。キャッシュ化するのを狙っているクレジットカードの使い方というものは、カードのカード規約違反となってしまうためだからです。多量の電車等の乗車チケットや切手販売等でのクレジット利用をすると、最悪の場合現金化する目的じゃないか、という風に目をつけられてしまう可能性などがあるので、気をつけることが大切なのです。使用時にキャシング額が上限となってしまっているユーザーの場合には、電車等の旅券等を購買しようとする時にクレジットカード会社の方から電話が来ることもあるからお金がない時の使用についてはさせないようにされていると思われます。金銭的に窮している時に試みる内容は誰でも同じようなことであるのでしょう。クレジットカードの発行会社から見て芳しくない使用法をすること:だいぶ前に話題だった『永久期間』などクレジットの会社の立場からみてプラスとなり得ないようなルールに違反した決済をすると、カードの会社の判断で強制失効という処理がされることもあります。ネット上で話題になっていたカードポイントの不正な搾取等の多くの人には流れていない秘密の手段が存在してもこれらの情報というのは絶対にルールに反することなのであるからどんな理由があっても使わないようにしないほうがよいでしょう。強制失効となってしまったカード情報は信用機関へ流れる:強制退会させられたとしてもその他のカードを利用できるのであるから、少しくらい問題ないんじゃない?と思っいるあなた、現代の情報化社会にあってはその考えが身を滅ぼすことになる危険もあるでしょう。というのも没収扱いとなるような場合となると、カードの会社が問い合わせ出来る情報機関へあなたのデータが上書きされることによって契約者の信用はガタ落ちとなる可能性があるのです。ただの1枚であったとしてもクレジットカードを失効させられた場合他社のカードも契約しづらくなることもありますし、さらに現在持っているクレジットカードまで強制没収扱いになるケースもあり得るでしょう。強制退会は免れて継続して使用できるケースでも使用期限満了の際に継続できなくなることもあります。とにかくしつこいほど述べていますが、強制失効となってしまうような利用はまずなさることのないように規約を守ってカードを使用して頂きたいと考えています。

Copyright (c) 2000 www.churnbar.com All Rights Reserved.