.

車の「全損」とはその名の通り車の全機能が破損してしまう状況すなわち走行することができないというような乗り物としての役目を満たさなくなった状況で使われますが、自動車の保険においての全損は少し異なった内容が込められています。車の保険の場合では自動車が破損した状態で『全損と分損』の仕分けされ《分損》は修理のお金が保険金内でおさまる場面を示し、《全損》とは修理のお金が補償金より高くなる場面を表します。普通、乗用車の修理で『全損』というとエンジンに修復できない損害があったり、乗用車の骨組みが歪んでしまって直すことが不可能な時リユースか廃棄と判断されるのが通常です。しかしながら、交通事故が起こって修理業者や車の保険会社がかかる修理のお金を見積もった状況で、いくら見た目が問題なく元に戻すことができる状態でも修復費が保険よりも高くてはなんで自動車の任意保険に加盟しているのか分からなくなるでしょう。そういう状況では(全損)と結論付けてマイカーの所有権を車の保険屋さんに譲渡して補償金を支払ってもらうシステムとなっています。当然かなりの期間運転した自動車で愛着があり、自分でお金を出して修理して乗りたいと思うひとはけっこういるのでケースによって保険屋さんと話し合うといいでしょう。自動車の保険の中にはそういう場面が考慮されて特約等の【全損】のために特約を設けている状況が存在し例え、自分の車が【全損】なってしまっても新しく車を買うなど必要費用を多少なりとも補償してくれる時も存在したりします。尚盗まれた場合の補償の特約をつけているならば、被害にあった愛車が見つけることができない時でも【全損】と扱われ、保険金が払われるシステムになっています。

Copyright (c) 2000 www.churnbar.com All Rights Reserved.