.

破産の手続きまでの間は訴訟の提起などといった法に基づく要求は許可されています。とくに破産の手順に進んでから余計な時間が費やされたケースでは債権者によって裁判を起こされるリスクが上がります。債権保持者サイドからすると債権の支払いもすることなく、破産といった正式な処理もしないという状態であれば組織の中で対処をすることができなくなります。審理の後どんなふうな判決がおりるにしても自己破産についての申立者に借りたお金を返す能力はないということです。業者もそのことは認識していて訴訟のような威嚇で和解にし完済させるなり負債者の親子や親類に肩代わりさせるというようなことを想定している際もありえます。(注)2005年の1月1日に改正された新破産法では破産手続き後は差し押さえといった法の手続きは効果がなくなることになります。ですから、破産法の場合とは別で訴訟の提起などといったことをしようと無駄になる見込みが高いとして真剣に裁判提起をやる債権者は完全に消滅すると考えます。その側面でも、西暦2005年の1月1日に改正されて破産申請は従前と比べて使いやすくなったといえます。督促状のときにおいて督促というのは裁判官が借金人に対して返却を行いなさいという要求です。通常の訴えをする場合と違って、一人よがりな意見を聞いて行うため一般の提訴のように日数と費用が大きくならないので取り立て企業がよく採用する法的手段です。支払いの督促の請求がなされたら手紙が届く運びとなって、それが送られてから14日間が経ったとき、取立人は債務人の資産(給与債権なども対象として)に対して差押え行動が可能になってしまいます。支払督促に対し異議申し立てを作ることができるなら、一般の争いに移ることとなります。(補)スタンダードな法廷闘争は長期にわたりがちですから免責判定までには判決が分からない可能性が高くなることに注意です。

Copyright (c) 2000 www.churnbar.com All Rights Reserved.