.

自動車重量税、略して重量税は、国産メーカーの車でもアメ車という車の生産国やミニバン、セダンという車の形も例外なくレクサスやジャガー、などにも一般的に課せられる税金なんです。クリアネオパール

新車を登録する場合または車検を受ける場合に納付するお金になります。巒頭 理気

この支払金額はそのクルマの重量で決められています。レモンもつ鍋

「自動車重量税」と「自動車税」は全く別のものですので間違えないようにしてください。マカエンペラー

「自動車重量税というものは自動車の車重により」「自動車税とはクルマの排気量により」その金額が変わってきます。

また引き取りする際の扱いも変わってきますから、注意が必要です。

クルマを売却する時には支払い済みの自動車の税額がいくら残っていた場合でもその税額が還ってくるということはないですが、一方で、自動車税の場合は既に支払った額を査定額に足してくれるというケースがありますが、重量税の場合は上乗せになる場合はほとんどないのが現状です。

重量税については、どれだけ既に納付した額があると言っても中古車の買取店側でそれが忖度される場合はほとんどないのです。

なので次回の支払い、分かりやすく言えば車検に出すまで処分を少し待ち手放すという手段が一番良いでしょう。

買取の時は考慮されない重量税でも、例外的な事例でしたら還ってくることもあるのです。

というのは車検が残っている自動車を廃車として処理する際です。

というのは抹消登録をした時に残っている車検期間に従って金額が戻ってきます。

しかし、中古車の売却の場合はそのクルマが廃車されるわけではないので還付されません。

また手放す自動車の名義変更をした際や盗まれたケースなども返金してもらうことはできません。

重量税が残っているクルマを手放すということは、車検期間がまだあるクルマということです。

そういったことを店側も計算に入れますので、重量税が残っていれば、それなりに査定額が上乗せされると思います。

当たり前ですが、買取額は業者により異なりますが、車検がまだあることを計算に入れてもらえば売却する自動車の買取金額からみたらそんなに払い損と考えることもありません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.churnbar.com All Rights Reserved.