.

民事再生という方法は住宅のためのローンがある複数の債務に苦しめられている方々のために住居を手放さずに金銭的に立ち直っていくための法による借金整理の処理方法として2000年11月に利用できるようになった手段です。75-20-89

民事再生は、破産みたいに免責不許可となる要素がなく競馬などで借金をした場合でも民事再生手続きはできますし破産申告をした場合は業務停止になる危険のある免許で収入を得ている場合などでも手続きは可能になります。75-15-89

破産宣告では住居を残しておくことは考えられませんし特定調停と任意整理では、元金は払っていくことが必要ですので、マンション等のローンも払いつつ完済するのは多くの人にとっては困難だと思われます。75-6-89

ですが、民事再生という手順を選択できれば住宅ローン以外での負債額は相当な額を減らすことが可能なため、余裕をもって住宅のためのローンを続けながらあとの借り入れ分を返済していくようなことができるということです。75-10-89

ただ、民事再生という選択は任意整理や特定調停とは異なってある部分のみの借り入れだけを除外して処理することは許されていませんし自己破産に適用されるように債務それ自体なくなるということではありません。75-4-89

それから、それ以外の方法と比較すると手順が複雑で時間もかかりますので住宅ローンがあって住居を維持したいような状況等以外の、破産宣告のような他の整理ができない際の最後の方法としておいた方がいいでしょう。75-9-89

75-5-8975-16-8975-17-8975-18-89

Copyright (c) 2000 www.churnbar.com All Rights Reserved.