.

民事再生という手段は住宅ローンなどを含む多重債務の問題に悩んでいる方々に対して、住宅を維持しつつも経済的に再生するための法的機関による債務を整理する手段として平成12年11月に利用できるようになった手段です。

民事再生制度には、自己破産制度のように免責不許可事由がありませんので、投機などで借金を作った場合もこの方法は問題ありませんし破産申請をしてしまうと業務不可能になる可能性があるポストで生計を立てているような場合でも制度の活用が検討可能です。

自己破産制度では、住宅を保有したままにすることは考えられませんし特定調停と任意整理では元金は払っていくことが必要ですので、住宅ローン等も払いつつ完済するのは多くの場合は簡単ではないでしょう。

しかし、民事再生という処理を取ることができれば、マンション等のローン以外の借入金はけっこうなものを圧縮することも可能なため、ある程度余裕に住宅のためのローンを払いつつ残りの借り入れ分を返済し続けることも可能ということになります。

民事再生という選択肢は任意整理による手続きや特定調停等とは異なり一定の借金を除外して手続きしていくことは許されていませんし破産申請においてのように負債それ自体消えるということでもありません。

くわえて、別の整理方法と比較すると手続きが簡単ではなく負担もかかりますので、住宅のためのローンがあり住んでいる家を維持したい場合等以外において破産申請等といったそれ以外の方法がとれない場合における限定された解決策とみなした方がいいと思います。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.churnbar.com All Rights Reserved.